メディカルクラーク(医療事務)として働く

よくある質問

男性でもメディカルクラーク(医療事務)になれるのか?

メディカルクラークや医療事務と聞けば、女性が就く仕事と思ってしまうほど女性が多い職種ですよね?
事実、病院や薬局などに行くと、受付の人や事務員さんはほとんど女性ですし、身近に男性で医療事務になっている人も少ないので、世間一般のイメージもメディカルクラーク(医療事務)=女性の仕事となるかもしれません。

さて、そんな女性のイメージが強いメディカルクラーク(医療事務)ですが、男性でもなれるのでしょうか?数こそ多くはないものの、メディカルクラーク(医療事務)の仕事に就きたいと考える男性はいるようで、やはりこのような疑問を持つようです。

そこで、ちょっとネット上で調べてみたのですが、実際に男性のメディカルクラーク(医療事務)も普通にいるようです。しかし、数で言うとやはり女性の方が圧倒的に多く、男女比で言えば、2:8くらいになるみたいです。

また、こちらのYahoo!知恵袋でのコメントなども参考になるかもしません。

「医療に興味があり、医療事務を目指そうと思っているのですが、男でも可能なもので...」
「医療事務の資格について。医療事務の資格に興味があり、取得したいと考えているの...」

ということで、結論は男性でも全く問題なくメディカルクラーク(医療事務)になれます。ただ現実的に問題なのは、なれるかどうかではなく、女性が多い職場でやっていけるかどうかや、多いとは言えない給与(時給)でやっていけるかどうかの方ではないかと思います。特に、結婚して家族を養う立場にいる方などにとっては、メディカルクラーク(医療事務)の給与だけで十分なのかをまず考えておくべきかもしれません。(メディカルクラーク(医療事務)の平均給与(時給)を参照)

あと、いくらメディカルクラーク(医療事務)の資格を取得できても、実際に就職(就業)する先の医療機関(病院など)や薬局が、男性を希望していなければ働くことができないわけですので、結局は、自分を雇ってくれる求人があるかどうかが問題ではないでしょうか。

どちらにしても、こまめに求人情報などをチェックしておいた方が早く就職(就業)できると思いますので、定期的に求人サイトをチェックしてみてください。